スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N響2013 横浜定期演奏会に行ってきました♪

アマオケに在団しているくせに、ほとんどプロの演奏会を聞きに行かない私。
これではいけない!!…と思ったとかいうわけではなく(苦笑)、「オルガン付き(サン=サーンスの交響曲第3番)を本物のパイプオルガンで聞きたい!」とずっと思っていたという友人に声をかけてもらって、本日、横浜みなとみらいホールで行われたN響の演奏会に行ってきました!

<出演>
準・メルクル(指揮)
ヘルベルト・シュフ(ピアノ)
NHK交響楽団

リスト:交響詩「レ・プレリュード」
リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
サン=サーンス:交響曲 第3番 ハ短調 作品78(オルガン:新山恵理)
リストのレプレは、大学1年生の初めての定演、そして去年から入団したオケの定演でも演奏した思い出の曲。
実は、この曲をこうして生で聞くのは初めて。大学時代の部活の友人で、去年の演奏会に聞きに来てくれた(そして今日一緒に聞きに行った)Nは、「(去年演奏会で聞いた時)1年生の時の苦労した思い出がよみがえってきた(-_-;)」と言っていたのだけど、実際に私も今日聞いて…思い出されました、当時の辛かった思い出が(苦笑)
私は大学から始めた超初心者だったので、もう、本当に苦労したのよ…!でも、曲自体は好き。

リストのPコンは音源でも聞いたことがなく、初めて聞きました。楽章の切れ目もないので、終わった時に「え、もう!?」と思いました。思っていたより短い曲でした。
この曲の後に、ピアニストの方のアンコールがあって、曲はリストの「ラ・カンパネラ」。

オルガン付き…というか、サン=サーンスの3番って、どんな語呂合わせ!って思う(笑)さんさんさん…。
去年、私自身オケで演奏した曲ですが(ちなみに電子オルガン使用)、大好きな曲です。
本物のパイプオルガンで聞きたい!という夢がかなった♪やっぱり、本物のパイプオルガンは、低音の響きが全然違う!と思いました。


あと、帰りに友人とも話したのですが、けっこう、弦の方の弾き姿が個性的!(…な人がいる)
「それで弾けるんだ!?でも、N響にいるってことは上手いんだよね!?」って(笑)
そういう意味でも、勉強になりました(笑)


やっぱり、生の演奏はいいな~!しかも一流だし!これからもたまには演奏会情報をチェックして、好きなプログラムだったらまた聞きに行きたいな~(≧∀≦)

コメント

Secret

プロフィール

Author:みやこ
関東在住の社会人。

ミュージカル大好き。
アマオケでチェロ弾いてます。

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。