FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーザス・クライスト=スーパースター(エルサレム・バージョン) 2012.11.10 M&S)

【キャスト】(M・S共通)
ジーザス・クライスト:神永東吾         イスカリオテのユダ:金森 勝
マグダラのマリア:高木美果           カヤパ(大司教):金本和起
アンナス(カヤパの義父):吉賀陶馬ワイス   司祭1:佐藤圭一
司祭2:清水大星                  司祭3:真田 司
シモン(使徒):本城裕二             ペテロ(使徒):玉真義雄
ピラト(ローマの総督):村 俊英         ヘロデ王:下村尊則

<男性アンサンブル>
青山裕次 中村 伝 光田健一 安東 翼 谷部央年 佐久間 仁 白倉一成
山下純輝 武智正光 南 圭一朗 小松貴行 小田春樹 政所和行 深見正博

<女性アンサンブル>
佐藤夏木 原 彩子 小粥真由美 吉田千恵 光井さや 提水流奈津子
高橋由衣子 川畑幸香 智川ちえみ 真 優香 八鳥仁美 園田真名美


これを書き始めたこの時点ですでに日付が変わろうとしていますが…今日書いてアップしないと、十中八九次の観劇日までにアップできない!(あと1回見ます♪)と思ったので!
ということで今回はいつもより薄いですが…というか、あれですよね、いつも何が濃いかって、私のJCSが好き!という気持ちとスンラユダかっこいい!という主張ばっかりが暑苦しいのであって、書いてる内容が濃いかというとそうでもないっていうね^^;

…とか言って書き始めたのですが(昨日)、2:30を回った時点で書き終わってなくて、さすがにこの日のアップは断念しました。。翌日(つまり今日)、お昼休み明け眠くて大変だった…。そして今も眠い。。

気を取り直して!
JCSエルサMy初日、行ってきました!
ここ半年くらいすごく忙しくて時間がなくて、PCを起動することすらなく一週間が終わる…みたいな感じで、情報収集とか、好きなブログを訪問するとか、全然できてなくて…ツイッターも相変わらず開店休業みたいになってるし。。
ということで、神永ジーザスは前日の金曜日にデビューしたらしい?ですが、それももちろん知らず、劇場に入ってキャストボード見て、それはもうびっくり!でした。
これはもう神永ジーザスをじっくり見ないわけにはいかない!ですし、スンラユダは言わずもがなで見なきゃだし…!と見ていたら、もうね、アンサンブルさんを見分ける余裕なんてないですよ!(←ぜんぜん見分けつかなかった言い訳^^;)それでも途中までは頑張ってたんですが、新しい人が多すぎるし、私の今回の観劇回数と見分け力ではとても無理だ!と、途中で潔く(?)見分けるのは諦めて見てました。青山さん、安東さん、伝さん、深見さん、武智さん、光田さん、夏木さん、八鳥さんくらいしかちゃんと見分けつかなかった…誰だか分かって見てる方がやっぱりよりしっかり見られるので、できれば見分けたいのですが。

…と、前置きが長くなりましたが、以下、メモと感想です。
そんなわけで(?)、ものすごくびっくりした神永ジーザスのデビュー。
実は、正直に言いますと…神永さん、今までにJCSではアンサンブルやペテロで拝見してますが、まぁ悪くはないかな、あんまり印象に残ってないな、という印象だったんです、私の中で(すみません~でも、あえてこれは正直に言っておきます。)。背が高くて、きれいめでかっこよいお顔だちだというのは覚えていたんですが(笑)。なので、そこに関してはかなり期待大!と思ったのですが…あとの部分に関しては全然予想できなくて…一緒にいた友人も同じ感じだったらしく、二人で「あ~なんか久々にドキドキしてきた!」なんて言ってました。
で、いざ、開演、神永ジーザス登場…お、やっぱり見た目はばっちり!すらっとした長身で、カツラも似合ってる!

そして、肝心の歌ですが…え~!いいじゃん!!若々しく爽やかで伸びのある声。高音やファルセットでもビブラートがかけられる。(そしてビブラートが私好み!)とても丁寧な発音。
歌に関しては、どこにも心配がないというか、かなり良い!と思いました。

もうひとつ、肝心な演技ですが…全編通して、ほぼ無表情…いやいや、きっとあれは憂い顔なんだ!(フォロー?)やっぱり、演技・表情作りに関してはまだまだ薄いというか…JCSにはアンサンブル・ペテロで参加してきて、それなりに解釈なんかもあるのではないかと思うのですが、その辺はまだ出すところまでいっていない感じ?

でも、ところどころ、「あ、今の感じ、いいな」と思ったところもありましたし(好みの問題も多分にあるとは思いますが)、なにより、“青年”ジーザスっていうのがすごくわかる!だから、いろんな未熟なところも合っているというか…(褒めているのかけなしているのか^^;…いえいえ、褒めているんです!)

…と、神永ジーザスに対する大まかな印象はこんな感じでした!まとめると、非常に私好みな感じのジーザスでした!

ついでに(ついで言うな)、他の方についての大まかな印象を先に…

スンラユダ!(ハートいっぱい飛ばしとこうvvv笑)
えーとまず、声多めでした!(いきなりそれか)銀貨袋を掴まされる(倒される)時も苦しげな声を出してたし、自殺のシーンで突き飛ばされる(そして転がり落ちる)時も小さく叫んでました。
スンラユダ、初めから泣いている…けど、ギリギリで流れない感じ。しょっちゅう目を潤ませて泣いているけど、以前(と言っても結構前ですが)の乙女のような女々しいスンラユダでは決してないです。前回も男らしくなった印象でしたが、今回も男らしい感じ。泣いてるけど男らしい…男泣き?全体的に、熱さを抱えた冷静さ…というか。
男らしさプラス…なんだろう、なんて言うのかな、大人びた?以前が子供っぽかったかというと、女々しかった頃のスンラユダは子供みたいな時もあったと思うんですよね。最後の晩餐で地団太踏んだ時とか、まるで駄々っ子のようで。けれど、男らしくなったなぁと思った時から、同時に大人びたような印象があります。

玉真ペテロ。神永ジーザスデビューによるデビューだと思うのですが、玉真さん、まず、パンフの写真変えようか!え~、ちょっと、かっこいいじゃん!?顔もちょっとシャープになりました?よね??声は低めですが(おそらく声域は低め)、高い声もちゃんと出てました。良い声だった~!それに、しっかり演技していて、ペテロの否認のところも良かったと思うな~!ちゃんと印象に残るペテロだったと思います。

高木マリアは恋する乙女度が上がった気がします(「私はイエスがわからない」)。ベル(BB)のおかげかな?


さて、次からはいつも通りナンバー毎に…さらっと。上記の内容と被るところもありますが。

序曲
神永ジー登場!く、暗くてよく見えない…!けど、細身の長身でカツラも似合ってる!かっこいい!
スンラユダ、ビクビクの回数は多くもなく少なくもなく…という感じ。表情の変化はちょっと少なめで、この衝撃・苦しさはなんなのか、探ろうとしている感じ(で、途中、耐えきれなくなって顔をゆがめたり目を見開いたり…というような)。そして、最後の最後で「…!」と理解して、そのことを受け入れたくないというような気持ちも残しつつ、次のナンバーへ…というような感じ。


彼らの心は天国に
スンラユダ、目に涙があふれてキラキラ光って見えます(涙)
先ほども言いましたが、スンラユダ、男らしいです。それも、ちょっと大人の男です。大人というか…“わかってしまった”ことで、否が応にも大人びてしまった感じというか…悟ったような状態にならざるを得なかったというか、そんな感じ…でしょうか。すごく落ち着いていて基本的には淡々と歌い、時に激しく声を荒げる…聞けば聞くほどに、ユダの数えきれないくらいの感情・思いが詰まっているナンバーだと思います。スンラユダのこのナンバーを聞いているとそういうものが押し寄せてきて、圧倒されて、切なくて、泣いてしまう…!(泣)


何が起きるのか教え給え/不思議な出来事
さぁ、神永ジーザスの第一声です…!(これ、高くて大変ですよね)
おお~!良いじゃん!!若々しくてさわやか、伸びのある声。発音もきれいで聞き取りやすい。
マリアに対しても優しげです。しっかりと顔を見て…笑いかける、まではいかないけれど、あんなに間近でしっかりまっすぐ見つめられたら、そりゃあマリアも頬を染めちゃうよ!
「いいや、誰一人わかってはいない…!」は、けっこう力強い感じ…だったかな(うそ、まさかのここで既にうろ覚え!?)


今宵安らかに
神永ジー、たしかにマリアのことを気にかけてる…とは思ったのだけど、ユダが「♪女よなぜ~」って歌った後は、マリアよりもそこにいる使徒たちの方により意識を向けて語りかけている、すごくそんな印象でした。でもこれ、内容からすると、ユダが裏切るのは多分もう分かっていたのだと思うから、ユダのことはけっこう無視?してる感じですよね。(上手く言えないんですが…)芝ジーは、去り際、振り返ってユダを見ましたが、神永ジーはそれはなくて…でも、歩き始めてからしばらくずっとスンラユダを見ていたような…顔の向き的に。

ユダ派は、安東さんと伝さんと…小田さん?(全然自信ないですが)


ジーザスは死すべし
前回公演では無かった、パリサイ人が暗闇の中で司祭1の肩に手を置いて二人で目線を合わせるという私の好きポイント(笑)が復活してて嬉しかった!ww
実はサトケイさんけっこう好きなんですが、司祭1って、ソロがこのナンバーの始めしかないんですよね~もっと聞きたい~。


ホサナ
神永ジーは、ソロのあとはホサナ歌ってませんでした(やっぱり多分あれは芝ジー特別仕様)。


シモン/哀れなエルサレム
お神輿に飛び乗る神永ジーが若い(身軽ってことですw)
お神輿隊は、右奥から、安東さん、伝さん、青山さん、…最後の一人、左奥の方、わかりません!(汗)(しかも、あれ、青山さんと安東さん、逆だっけ…?)
本城シモン、「♪ローマをーーー↑!」のアレンジはM・S共になかったけど(残念。。)、最後の「♪永久の栄光と~~~!」のアレンジはありました!あれ、やっぱりかっこいい!


テンプル
安東さんが左の列の一番上で鶏を売ってたことしかわからなかったー。。伝さんはお買いもの。
ジーザス登場時の叫びは、叫びなんだけど、歌に近い感じだった…かな?「Ah~~~!」みたいな。


病人のシーン
最初の何人か、しっかりと膝をついて手を握ったり体を支えたりする神永ジー。群衆に囲まれて次々と手を延ばされている時は、その手を掴むだけでなく、しっかり握り返していたのが印象的でした。
表情的には無表情…いや、あれはきっと勢いに押されて表情が固まってしまっただけなんだ!うん!えと、とにかくそういう顔だったんですが(汗)、その手の握り方とか、歌い方は、すごく必死で、(群衆の期待で)押しつぶされる恐怖みたいなものを感じました。「自分で治せ!」も、もう耐えきれなくて言ってしまった感じ。


裏切り/賞金
スンラユダ、アンナスが投げた銀貨袋に、思わず反応して目を向けてしまったけれど、その前の「♪金など欲しくない!」(×2)の時は、本当に金なんか欲しくないっていう感じでした。バカにするな、そんなもののためにここに来たわけじゃない、侮辱するな!って心から言っているようでした。
ここ、今まではやっぱり多少強がっているような感じがしていたんだけど、今回は、本当に心から報酬の話を出されたことが心外で、そのことに怒っているような印象でした。それがすごく良かったな…。押されている時の嫌がり方も激しかったです。

そして、銀貨袋を掴まされてしまい…「♪木曜日の晩…」のあと、みるみるうちに目に涙があふれ、一気に涙声になり「♪彼は…一人でいる、はず、です…」
あぁぁ~スンラユダーーー!(号泣)
びっくりしました、あんなに一瞬で、涙で声が詰まって…!


最後の晩餐
スンラユダが突っ伏すまで、ずーっと、神永ジーはスンラユダを見つめていました。
使徒はですね、ペテロから時計回りに、ペテロ→シモン→青山さん→?→?→?→?→?→伝さん→安東さん→光田さん?…だったかな。ぜんぜんわかってないですね!orz完全にこちらに背中を向けているあたりに、深見さんと武智さん、ユダ派の小田さん?がいますが、あとは誰がいたかすら…わからなかった…。。

スンラユダ、「♪それが誰か知ってるくせに…!」は、今回は“怒”よりも“哀”が強い印象。

神永ジー、「急ぎなさい」と「言わなくてもいい」が優しくて(泣)、「嘘を言うな!」で激情が溢れる感じ。

「♪思った通りにここを出て行けばいい!さぁ!さぁ~~~~~!!」のところ、もう、二人とも辛そうで…!(泣)
ここのユダ派。中村さんと小田さん?が、途中、放心したような顔というか、信じられない、何が起こっているんだ?どうしてこうなってしまったんだ?というような感じで目を合わせていたのが印象的でした。(S)

「♪傷だらけの哀れな獣のようだ」が、たまにあえて傷つくような言い方をしていると感じる時もあるのですが、今回は本当に憐れんでいる感じで…
その後の、「♪私は理解ができない…!」も、怒りや憤りが前に出ている時もあるのですが、今回はこちらもどうしてこうなってしまったのか、こうせねばならなかったのか、という、悲しみが前面に出ている感じがしました。

走り去っていくスンラユダに手を伸ばしかけ…たところで停止する神永ジー(M)…なんかちょっとおもしろいことになってたなぁ(すすすすみません…!)上半身の感じが、あの、非常口のピクトグラムに似てた…(重ね重ねすみません…!)
ソワレは手は差し出さず、でした。


ゲッセマネ
き、緊張する…!(私が緊張してどうする・苦笑)

ソワレの方が、「♪なぜ今!」あたりからの力強いところが力強かった。感情がこもってる感じがしました。
そして、すごく、あぁ、青年なのだなぁと感じたのです。自分の運命も、それが変えられないことも分かっているけれど、それでも悩む。だって一人の青年だから。そんな風に感じられたとことが、すごく良かったなぁと思ったのです。

そしてそして。気になる「♪死に様ーーーー!」のロングトーンですが。

けっこう短かったです。マチネは特に、「えっ、もう!?(短っ!)」なんて思ってしまった^^;無理はしないことにしたんですね、なんて思っ(ごめんなさい!)
伴奏もかなり余っちゃってですね、手持ち無沙汰…じゃない(こら)、芝ジーの超ロングトーンを知っていると、物足りなさを感じるかも?わたし的にも、伴奏終りまで伸ばせとは言いませんが、もうちょっと伸ばしてほしいな~!


逮捕
ユダがキスして離れるまで、ずーっと目をつぶったままの神永ジー(新しい…!そして、私、けっこう好きかも、それ…)


ペテロの否認
玉真ペテロ、歌い方できちんと演技していて良かったと思います!


ヘロデ王
前回は青山ローマ兵を巻き込んでコントwみたいなことをやってましたが、今回は無し。
でも、やっぱりあの一瞬で空気を変える感じ、さすが下村ヘロデ…!


自殺
すごく、こんなはずじゃなかった、ここまで彼を苦しめることになるとは思っていなかった…!と、そういう後悔というか…うーん、ちょっと違うな、後悔はなくはないのかもしれないけど、そうじゃなくて…上手く言えない!上手く言えないのですが、予想以上の事態になってしまったことへの焦り?みたいな…そういう感情を感じました。

「♪彼はただの男…王さまじゃない…」のあたりで、スンラユダ、笑ったんです(S)。自分を嘲笑している感じで…!(泣)

「♪同じ、ただの…男だ!どうして…愛したのか…!」のところは、もう、聞いているこっちがつらかった…!(号泣)
可哀そうで、身も心もズタズタに傷ついて…あ~今、私、思い出し泣き…!(重症)

転がり方も、それはもうすごかったです…!「なぜだー!マイゴーッ!」の叫びも、本当に気が狂ってしまっている感じで…すごかった…毎回言ってますが…。

あ、そういえば、すっぽんに吸い込まれる時、最後が高速でびっくりしたww(特にマチネ)
今までは、最後の最後まで手が残っていたように思うのですが…肘から先がひゅんっと消えたのでびっくりしました(笑)すっぽんに到達するまでかなり時間を使った(もっと他に言い方)ように思ったので、そのせい??


裁判と鞭打ち
相変わらず武智群衆の投石が速球(笑)良いです!マチネではピラトの後ろにいたローマ兵の右肩(のプロテクター)にヒットw

伝さんローマ兵が極悪wwいいですね!(笑)
ジーザスを引きずるのは伝さんローマ兵と、お神輿の時わからなかった方…だと思います。いろいろ声を掛け合ってました。


スーパースター
本当に、スンラユダから目が離せませんでした!(笑)
終始ふっきれたような明るさで切なさ感は少なめ。ノリノリで、あぁかっこいい…!!

最後の「♪ジーイィィィザーアーーース!」がもう…!特にソワレは粘りがすごかったです。スンラユダの歌声の余韻が…!


カテコ
神永さんがちょくちょくスンラさんの方を見ていて、頼っている風で非常にツボでした(笑)それに優しい穏やかな笑顔で応えるスンラさんがもうね!(笑)



前述のことと被ることもありますが、再びまとめますと…
神永ジー、歌は全体的にとても良かったと思います(たまに高音シャウトが遠吠えみたいな時もあったけどw)(こら)(あとゲッセマネもまだいろんな余地が…)
表情はあんまり無かった固かったけど、青年が苦悩している、というのがごく自然に伝わってきたと思います。そこが良かった!
ジャポでもぜひ見たいな~!鼻筋が通ってるから、絶対隈取りメイク似合うと思うんだ!(そこか、そこだw)

スンラユダは、前回公演時と比べると大きな変化はないように感じましたが、いつも微妙に違くて…本当に、その場その時に生きているのだなぁと感じます。
今回は特に、自殺のシーンで小さく笑ったスンラユダ(S)に、こちらの胸がえぐられるような切なさを感じました。自分を嘲るような、悲しげで苦しげな小さな笑いだったんです。
あまりの絶望や挫折の最中にいるとき、どうしようもなくて、おもしろくも楽しくもないのに、薄く乾いた笑いがこみあげてくる…っていう。私たちにも、そういう経験がある人っていると思うのです。そういう感じの笑いに見えたんですよね。そうして自然にそういう変な笑いがこみあげてきて、笑った後に、さっきよりももっと大きな絶望感や挫折感が押し寄せてきて、涙が止め処なく…っていう。そんな感じに見えました。本当に、すごく印象的…というか、忘れられないと思う。あそこでのあの笑いは、ユダとしてあそこに居ないと出てこない笑いだと思います。


なんだか結局いつも通り、まとまりなくぜんぜんスマートじゃないレポができあがりましたね!(汗)
私のエルサ観劇はあと1回、しっかりと見てきたいです!

コメント

Secret

プロフィール

Author:みやこ
関東在住の社会人。

ミュージカル大好き。
アマオケでチェロ弾いてます。

カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。