FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATS 2012.10.06 S

【キャスト】
グリザベラ:河村 彩           ジェリーロラム=グリドルボーン:岡村美南
ジェニエニドッツ:原田真理        ランペルティーザ:山中由貴
ディミータ:坂田加奈子          ボンバルリーナ:相原 萌
シラバブ:和田侑子            タントミール:大橋里砂
ジェミマ:小笠真紀            ヴィクトリア:廣本則子
カッサンドラ:藤岡あや          オールドデュトロノミー:山田充人
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ:飯田洋輔
マンカストラップ:萩原隆匡        ラム・タム・タガー:飯田達郎
ミストフェリーズ:松島勇気        マンゴジェリー:斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス:劉 昌明      コリコパット:新庄真一
ランパスキャット:永野亮比己       カーバケッティ:一色龍次郎
ギルバート:入江航平           マキャヴィティ:川野 翔
タンブルブルータス:光山優哉


横浜キャッツ、My楽でした!前回(しかも突発だったんだなー)から約半年ぶりの観劇でした。
いやーもう、未見キャストだけでなくお名前すら存じ上げない方もたくさんいて…ぜんぜん目が足りなかったー!!まぁキャッツはいつも大体そうですが、好きキャストとか未見さんとか多いと特にそうなります。

そして、何度見ても、毎回毎回、キャッツはあっという間に終わってしまう…!実際に短めの演目だということもあるでしょうが、次から次へと曲が変わり、時には凝視しw時にはあっちこっちと目線を動かしているうちに、気付くと「え、もうこのナンバー!?」ってなります。時間を感じる暇もなく、ずーっと楽しくてワクワクして…見るたびに、やっぱり好きだなぁと思います。

さて、感想ですが、最後なのでナンバー別にしました~。
オーヴァーチュア
暗闇の中で、ゆっくりと歩きまわったり、観客を見下ろしたりする3匹の猫。夜の道にいる猫って、ホントああいう感じだよね。集まってみたり、かと思うとふいっと別れたり、こっちに気付いて遠くからじ…っとこっちを見つめたり…
で、音楽が盛り上がってより一層暗くなると、会場の至る所で光る目。
私の一番好きなオーバーチュアの一つです!ここで早々に泣いてしまうことも何回もあったもんなぁ~。
近くで目チカをやってもらえるのも嬉しいけど、遠くで光っている目の動きを俯瞰で見ているのも大好き!


ジェリクルソング
いきなり全猫登場でめまぐるしいナンバーですよね!(笑)
あーホント萩原マンカスかっこいい!萩原さん、もしかしてデビューしてからずっと出てます…!?(ジェニナンバーとか)たまに「あ、今声がちょっと濁った(@_@;)」って時もあったのですけど、次のフレーズでは修正してきたり…上手いなぁと思いました。
山田デュト様…恰幅いいなぁ!(驚)
岡村ジェリロ、予想通りぴったりな感じ!
相原ボンバル、色っぽいー合ってる!


ジェニナンバー
原田ジェニは初見。
ジェニおばさんは大体どなたが演じられても元気元気!って感じですが、原田ジェニはまだおばさんになりたてというか(年齢的に)、超元気ハツラツ!みたいな感じでした(笑)よくしゃべってた~^^それに、すごくゴキ達を躾けてる感じだった!


タガーナンバー
もう、登場した瞬間からおかしかったのですがww(こらw)(だって、あの、飯田弟くんって、身長のわりにokaoが…)(←濁したつもりか)
目をくわっと見開いたり、ニヒルっぽい笑い方をしたり…正統派のタガーって感じがしました!(正統派のタガーってなんだってくらい個性的なタガーばかりですからw)
最後の「♪ごむぅ~~~~~」の高音もばっちり出てたし、全年齢OKな感じで安心!(おい)
ナンバーが終わった後、上手のごみを駆け上がる時にちょっと体力がきつそうでしたが…全然想像できなかった達郎タガー、結構いいかも!若いし!(笑)(でも、色気ダダ漏れの某おじさんタガーも大好きですv)


グリザナンバー
河村グリザ初見。
おぉ…ものすごい挑みかかる感じ…!差し出された手に触れようとして避けられた時も、視線を逸らされた時も、「なによ!(怒)」ってくらいで。
ジェミマの歌う歌詞にも、傷つくというよりも「ふん、勝手に言っていればいいわ!」ってくらい。ちょっと振り返って睨みつけてた気が…!


バストファさんナンバー
いろいろ見てて逆に記憶がない(苦笑)


マンゴ・ランぺナンバー
山中ランぺ初見。というか多分山中さん自体を初めて見ました。
えーーーっ山中ランぺ超可愛い!!メイクも似合ってたし、歌も上手かったし声もあってたし(声高めのランぺは久しぶりなような?)、表情もかわいかった!まだまだ子猫(ですよね?)のランぺが、得意になってる感じがすごくして、なんとまぁかわいいことか!もう可愛いしか言えない(笑)ものすごい私好み…


デュト様ナンバー
山田デュト様初見。
いかにもオペラやってました!って感じのいいお声!けっこう声高いですね~。


ボール
いつぞやのオフステに参加した友人から聞いたのですが、ボールでのランパスとボンバルのダンスは勝負というか対決なんだとか…今日はね、それを感じたね!特に、永野ランパスがガチだった…!手というか腕を繋いで、ボンバルが片足を上げ伸ばす振付がありますよね、あの時とか、永野ランパス、手を引っ張ってボンバルを引き倒さんばかりの勢いでした(笑)
ランパスは本来喧嘩猫なんですよね。まさにそんな猫だった永野ランパス、見られてよかった~!


メモリー
…!
グリザナンバーで出てきた時のグリザとは、ぜんぜん雰囲気が違いました…!(驚)
さっきは、プライドを捨ててなくて挑むような雰囲気だったのに、今は、「さっきから今までの間に何があった!?」ってくらい、傷ついて打ちひしがれて…泣くのを必死にこらえているような、細かく震えているような…なんだかもうそんな姿だけでこっちが泣いてしまいそうな感じでした。


幸せの姿
和田バブ初見。雰囲気が子猫というには大人っぽい感じ…かなぁ。でも、声が澄んでいてとても良いと思います


ガス=グロタイナンバー
岡村ジェリロ初見。
本当に楽しかったー!飯田ガス=グロタイと岡村ジェリロ=グリドルの組み合わせ、すっごくいいです!!このシーン、もう一回見たいくらいだったな~!アンコール!みたいな(笑)

飯田ガスは、声のおじいさんっぷりがパワーアップしてました…!もう完全におじいちゃん(凄)
目線や身振りなんかも、照れてみたり怒ってみたり、細かくて良い!
岡村ジェリロも、すっごく演技が細かかった…!歌い方や表情、身振り…もう何年も前からジェリロをやってるんじゃないかってくらい!ガスが立ちあがって「♪見せようか~」って言っている時、ジェリロはガスが座っていた缶を拾い上げて舞台奥に去っていきますが、その時のガスを見つめる優しいまなざしがすごく印象的でした。

そしてこの後の劇中劇。飯田くん兄弟がちょこちょこ関わりあってるのがなんだかすごくおもしろかった(笑)初?共演おめでとうー!みたいな気持ちw飯田兄くん、他のタガーより遠慮なく踏んでた??(笑)
岡村グリドル、ソノクイもきれいだったし、ピコで培ったであろうコメディエンヌぶりをいかんなく発揮し…おもしろかった~!しかも、ジェリロの時とはちょっと声色変えてた!
最後の高音ロングトーンは二人とも文句なし!!


スキンブルナンバー
最初から…だったのかな。私が気付いたの、登場した直後だったもんな。
何のことかといいますと、達郎タガーの衣装のベルトのバックルがちゃんとはまってなくてですね、ブラーンってしちゃってたんです。振付の合間合間に、押さえたりはめようとしたり頑張ってましたがダメで…結局、「♪うるさくするのはお断りさ…」のところで、タガーはレンジ前に移動しますよね?移動したところで後ろ向きみたいな感じになって直して…いるところへ永野ランパスが近づき、直すのを手伝ってあげてました(というか直してあげてた)タガーはヤクザな奴のマンカスばりに頭に右手を当てて「すんません^□^;」って感じでぺこぺこ頭を下げてました(笑)
ごみ列車の片づけをした後、タガーはそのまま舞台奥に引っ込みますが、そこで斉藤マンゴにすれ違いざまに頭をコンッと叩かれてました。あれは…私には、「何やってんだしっかりしろ!」的な、先輩斉藤くんの叱咤に見えた(苦笑)
達郎タガー、雄猫ベッドで、「けっ、そんなんやってられっかよ俺が!」って表情で手をペイッってやって舞台端へ。とてもタガーっぽくていいな~と思いました♪


マキャナンバー
相原ボンバル初見。
メイクも似合ってるし色っぽいー(≧m≦)多分、作っている声なのだろうけど、歌声もボンバルって感じだった!


ミストナンバー
相原ボンバルが猫入れ替わりマジックに抜擢されますが、「え、何するの?どうすればいいの?」ってすごい戸惑っている演技をしてたんですよね。「そうだよね、いきなりミストに指名されたんだもん、そういう感じになるよね!」って納得。相原ボンバル、演技もけっこう細かくていいですね♪


メモリー
またまた雰囲気が違うのね!(驚)
まだちょっと怯えているというか自信なさそうなのだけれど、でも、「これだけは伝えたい、やっとわかったから…」っていうのかな、なんか、そういう小さな光や決意みたいなものがグリザの中に確かにあって、それが彼女を奮い立たせた…そんな感じがした。


天井への旅
この歌の盛り上がりが大好きだー!(と主張したかったw)


猫からのご挨拶
山田デュト様、一言一言を大切に歌っている感じが良かったです。


<目チカ>
マンカス?と誰か。。
握手:山田デュト様、斉藤マンゴ


初見の岡村ジェリロは予想通りすごくぴったりで良かったし、河村グリザも良かった!山中ランぺがとにかくもうかわいかったし、萩原マンカスがかっこよすぎてため息ものだったし…
でも、一番の感想は、やっぱり、キャッツ大好きだー!ってこと。この一言かなーと思います。

広島へは見に行かない予定なので(今のところ)、次見られるのは再び関東に戻ってきた時だと思います。それはいつになるかわからないけれど、これからもずっとずっと上演していってほしい、絶対また見たい演目です。
ワクワクと、ドキドキと、感動と…ありがとうキャッツありがと、みなさん!

コメント

Secret

プロフィール

Author:みやこ
関東在住の社会人。

ミュージカル大好き。
アマオケでチェロ弾いてます。

カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。