FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイーダ 愛に生きた王女 2012.07.29

【キャスト】
アイーダ:秋 夢子       アムネリス:光川 愛
ラダメス:福井晶一       メレブ:有賀光一
ゾーザー:飯野おさみ      アモナスロ:高林幸兵
ファラオ:石原義文       ネヘブカ:桜野あら

<男性アンサンブル>
黒川 輝 脇坂真人 田井 啓 品川芳晃 朱 涛 中村 巌
ハンドコ アクアリオ 水原 俊

<女性アンサンブル>
駅田郁美 恒川  愛 井上佳奈 加藤久美子
小島光葉 須田綾乃 柴田厚子


こう、腰を据えて記事を書くという時間が全然取れなくてですね…!(いきなり言い訳・すみません。。)
でもいい加減アップしないと…!ということで、超簡単にですが。


今回の公演から…でしたでしょうか?演目名が「アイーダ 愛に生きた王女」とサブタイトルが付いたような名前になっていますよね。
…そうか、アイーダは、結局は愛に生きたんだね、なんてしみじみ思ったりしました。
愛、というと、恋愛の方を真っ先に思い浮かべてしまいますが(アイーダとラダメスは恋愛関係にありますし)、アイーダにはヌビアへの愛もあった…んですよね?(訊くんかい^^;)その両方の意味を含んで「愛に生きた」ってことなんでしょうかねぇ。

まー何はともあれ、福井ラダ!キャストチェックして、本当にびっくりしました!私のアイーダ初観劇の時のラダメスが福井さんでした(その1回だけ)。ずーっとまた見たい!と思っていたし、初観劇のことを思い出して懐かしい~という気持ちもあったのですが…。
福井ラダメス
今調べてみたら、私の初アイーダ、初福井ラダは2007年10月…約5年前ですよ!そんなになるのか~!
で、当時の私は福井ラダに対してどんな感想を…って思って記事を読み返したらさ、ぜんぜん書いてないのな!後々思い出せるようにブログに書いているわりに、大したこと書いてないという…私にはよくあることです(-_-;)

なので、仕方ない(?)、思い出すに…福井さんっぽいな~って思ったような記憶があるんですよね。(初観劇時の印象)
なんていうか、福井ラダは…今まで、色恋のこととかあまり考えず、アムネリスと婚約しているけどまったく実感なんて持っていなくて(9年?前に婚約ってセリフがあるから、多分、婚約したのはお互い子供の頃だと思うんですよね。それも親が決めた婚約。だから、婚約がどういうものか、将来どういうことになるのかぜんぜんわかっていなかったと思う)、とにかく遠征が楽しくて…遠征の目的は、ヌビアの土地を奪ってエジプトの領土?を広げることなのだろうけれど、福井ラダメスはその目的は分かっているけれど心の奥ではそれは二の次で、純粋に未知の土地へ赴いて、新しい何かに出会う…それが楽しくてしょうがない、そんな感じに見えました。
恋愛より冒険の方がぜんぜん好き!みたいな、ある意味思春期前の少年のような(笑)
幼馴染のアムネリスのことをないがしろにしていたとかじゃなくて、ただ単純に興味の比重の問題です、みたいな。

で、そんな、恋愛に興味ありません!興味ないっていうか今それどころじゃないんだ、冒険が楽しくって!という感じの福井ラダは、アイーダに出会って、女性を好きになるという初めて(みたいに感じた)の経験をして、のめりこんでいく…みたいな印象だったんです(たしか…)
福井さんの持つまじめさとか、ストイックな感じとか、そういうところがにじみ出ていたなぁと。
女性を女性と思っていないというか…男尊女卑っていう意味ではなくて、うーん上手く言えないんですけど、女性を女性と意識していないような感じ。

思い返すと…そういう印象だったと思うんです。

で、そんな思い出を胸にw見た今回の福井ラダ。

…あれ!?別人…!?

ぜんっぜん思っていた(はるか遠くの記憶)のと違くって!「え!?え!?((;゚Д゚))」って戸惑うほどだった(苦笑)

冒険好きそうっていうのは共通してたと思うんですが…それ以外は記憶と同じだと思ったこと、無いくらいでした。

なんだかそれなりに女遊びとか経験ありそうな感じだったっていうのが一番びっくり!でした。
まぁでも、ラダメスってモテそうだもんね(笑)見た目もかっこいいんだろうし、剣は強いし、隊長でしょ?モテないはずないですよね~!?だから、その点ではこっちでも合っているんだろうけれど。

あ、ちょっと話逸れますが、大声で脅す?時、ちょっとビーストっぽかったです(笑)(だから、ちょっとビーストを思い出してかわいいとか思ってしまったw)

なんだかぜんぜんまとまってないですが、福井ラダ、かなり衝撃だったなぁ!


秋アイーダ
初見。
アイーダって、かなりパワフルな歌声を必要とする役ですよね。秋さんにはそういうイメージがなかったので、はっきり言って想像つかなくて…実際見てみると、あ、けっこう良いじゃん!という感想です(偉そう・すみません)

…でも、やっぱり、ちょっと物足りない…かなぁ。
声質的に、アイーダ系統とは違うというか…先ほども言いましたが、秋さんにはパワフルな歌声のイメージってあんまりないんですよね。かといって、儚い感じかというとそうでもない。そういう微妙というか絶妙な位置のキャラとしてエビータがあるかなと思うんですが、秋さん、エビータすっごい合ってたよね!思いっきり話が逸れてますが。


桜野ネヘブカ
初見。歌声のパワフルさで言ったら、桜野ネヘブカの方がパワフルと感じました。声質的にアイーダ系統な感じ。ローブのダンスのソロ、良かったです!
「神が愛するヌビア」の最後は、音域で言うとアルトかな?という感じのちょっと低めのアレンジで、初めて聞いた!新鮮。


あとは…高林さんって、ストプレとか出てた外部の方?でしたっけ?なんか、一人思いっきり芝居畑の人がおる!という印象の、濃い・インパクトのあるアモナスロでした。捕虜になってるのに、ビリビリ王気を感じましたよ~!かっこよかった!

コメント

Secret

プロフィール

Author:みやこ
関東在住の社会人。

ミュージカル大好き。
アマオケでチェロ弾いてます。

カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。