FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁抜け男 モンマルトル恋物語 2012.02.25 M

【キャスト】
デュティユル:飯田洋輔
イザベル:樋口麻美
部長・刑務所長・検事:青木 朗
八百屋・娼婦:丹 靖子
デュブール医師・警官2・囚人・弁護士:寺田真実
B氏(公務員)・警官1・看守1・ファシスト:金本和起
C氏(公務員)・乞食・看守2・裁判長:川原信弘
画家:永井崇多宏
M嬢(公務員):戸田愛子
A夫人(公務員)・共産主義者:久居史子
新聞売り:有賀光一


えー!?おもしろかった!
すみません、正直、見たことない(&あんまり再演なさそうだ)から1回見ておこうくらいの気持ちで取ったチケットだったんですが、おもしろかった!
あれですね、エスプリが効いてますね!(←言ってみたかっただけw)
オリジナルのナンバーを聞いたことがないのでわかりませんが、歌詞も、おもしろく意訳してるというか日本風になってておもしろいですね

初見演目恒例ナンバー別感想!といきたいところですが、音源がないのでタイトルがわかりません!(汗)なので、役者さん別に思ったことを。
飯田デュティユル
やっぱり、飯田さん歌うま~い!!飯田さんの歌声はあたたかくて好き。しかも低音が渋くてよく響くっていうのはすばらしいと思います
というか、前半歌いっぱなしじゃないですか!ってくらいソロナンバーが続いていてびっくり。しかも、ものすごい滑舌を必要とする歌ですよね、あれ…さすが四季、ちゃんと聞き取れました。
まじめで平凡な男デュティユル、飯田さん、すごく合ってたと思います!(褒めてます!)


樋口イザベル
樋口さん、歌い方変えた??というか、役的にああいう歌い方にしてるのかな。なんだかすごく可憐でかわいらしい~って感じの歌い方でした♪
かなり淑やかっぽい女性だったイザベルが、後半で少女のように奔放というか大胆になってびっくりw


青木部長・刑務所長・検事
いやー、青木さんも朗々とした素晴らしい歌声でした!部長の時、デュティユルのいたずらに腰を抜かしてるところがおもしろかったです(笑)


丹八百屋・娼婦
もうね、丹さん大好き!です!サイコウ~(笑)
丹さんって、本当に味がある。あの歌声も、ホント味ですよね~!
舞台に出てくると、舞台がほわっとするように感じるんですよね。舞台が、すごくあたたかくて、にっこりしちゃうような雰囲気になるような。


寺田デュブール医師・警官2・囚人・弁護士
寺田さんwww
酒場のマスター@BBの時も、な~んか変なマスターというか、独特の面白さが全面に出ていましたが、こっちでもそうでした、もう本当におもしろかったです!(笑)


金本B氏・警官1・看守1・ファシスト
どこかで聞いたことのある声だと思ったら金本さん!(見る前のキャストチェックが甘かった私です)カヤパ様がコメディやってるwというのがおもしろかったです(どんな感想だ)相変わらずいい声だなぁ~!

というかですね、この警官のお二人、無駄に歌うまいというか(失礼ですが褒めているので許してください)、警官二人で歌うナンバー、内容は本当にどうしようもない感じだし正直そんなにストーリー上必要なシーンではないと思うんですけど(本筋のストーリーには。風刺的な意味では大切なシーンだと思うのですが)、なんだかすごくいいシーンでしたよ、軽い感じのナンバーなのに歌声に聞きほれちゃいました。やる気ない感じとか上手いんですもん!


川原C氏・乞食・看守2・裁判長
C氏(公務員)の時の、微妙にずれてて他の同僚に「バカ!」って小突かれてる感じがおもしろかったです(笑)合ってましたww


永井画家
ピアンジで一回拝見してます。その時も芯のあるいい声だな~と思ったのですが、画家の歌、地味な歌が多いと思うんですが、しっかり歌っていて心地よかったです^^


戸田M嬢
四季の誰か(女性ダンサー)に(顔が)似てると思ったんですけど思い出せない…。。ってまぁそんなことはどうでもいいですね。
おもしろかった~!まず、M嬢ってキャラクターとしておもしろいですよね!?おもしろい意味で裏表があるというか…コーヒーとクッキーを飲み食いしながらのナンバーの時とか、もうおかしくって!(川原C氏含め)ああいう人超いそう!っていう(笑)
あと、「♪デュティユル~デュティユル~」って歌うナンバー、あれが最高でした!ww
なにあのわざとらしさ!大げささ!wあ~ほんとコメディー!っていう感じがしてすごく楽しかったです


久居A夫人・共産主義者
久居さんはプリシー@アンの印象がすごく強いです。たぶんお若い方だと思うのですが、こういう小局というか、中年に入るか入らないかくらいの役がすごく似合いますね(褒めてます!)
久居さんの役は、ちょっとドスをきかせるというかこぶしをきかせるというか、そんな感じの歌い方をするときもあったのですが、上手かったなぁ!


有賀新聞売り
有賀さんの年齢不詳っぷりと少年っぷりに何度驚かされたことか!相変わらず…!!
体のキレとか、毎回びっくりします。歌もいいんですよね~有賀さん!


その他いろいろ…雑感を。
デュティユルが壁を抜けることができるようになったのが突然すぎて拍子抜けというかびっくりでした。何かそういう要因ありました!?私が気付かなかっただけ…??
そして、演出とかセットにところどころですごい笑いました(笑)最初の公務員の机コートにも笑ったし(しかもみなさんかなりの早業w)、部長にいたずら?してる時の、あのデュティユルの顔とかも…もうヤメテwwって思いました(笑)
そして、最後の展開にはびっくりしました!そういう選択!?っていう。
カテコも、ナンバーのメドレーみたいで楽しかったです~!みんな歌うまかった!贅沢な舞台!
「よろしければみなさんも一緒に歌いましょう」と言うタイミングをはかる飯田さん(ちっちゃく落ち着いて・抑えて的なジェスチャーをする飯田さん)、控えめ&若干照れ?ながら指揮をする飯田さん…ステキw


あとですね…すごく感動しました。わーーー!!って感動するんじゃなくて、じんわりじんわり、後から後から感動してきて、泣いちゃいました。
以下、すべて好意的な意味で言っているという前提で読んでいただきたいのですが、
本編はコメディだし、デュティユルもだいぶどうしようもない感じのキャラクターですよね?(苦笑)
怪盗ガルガルってwwって感じじゃないですか、しかも、イザベルに自分を認識してもらいたいからわざわざ警察に捕まるってなんですか、人騒がせっていうか世間騒がせ?もいいところですよ。
とかですね、ストーリーは本当にコメディで、ナンバーもリズムが軽くて楽しく聞けるようなナンバーばかりだし、気軽に見れて楽しかったです。

で、そんなストーリーとはほぼ関係ない(と私は思った)ところ(別次元的な意味合い)で、「♪人生は素敵、人生は最高!」って、静かに、でも力強く高らかに歌われるんです。

普通の人間。平凡だけれど人生はそういうもの。派手さはないけど僕の人生。
もーだめでしたね。歌われるたびにジーンとしみじみきちゃって…。カテコでもだめ押しのように歌うし…!

あれです、この演目、人生に悩んだり迷ったり不安を抱えている時に見ると泣きますよ…!

大決心ができる!ということはない…かなと思いますが^^;心を落ち着けて、平凡に生きていくことも決して悪いことじゃないし、そういう生き方だってきっと大変なことはあって、でも同時にうれしいことも楽しいこともあるから、充実した人生なんだよねきっと…って。

なーんて^^;

こんなところにこんなこと書くのもどうかとも思ったんですけど、すみっこで細々やってるブログですし、その時の自分の状態も含めての観劇感想・記録だと思って…。

おもしろくて笑ったし、まさかの感動だったし、皆さん本当に歌上手い人ばっかりで…見てよかった行く余裕があればもう一回行きたいくらい!

コメント

BBでも壁抜けでも

怪しい医者の寺田さん。最高ですよね!w
あたしももう1回くらい見るつもりでいたんですが
のっぴきならぬ理由がお隣でありましてw
もう行けなくなってしまいました。
壁抜けも自由劇場でやればよかったのな、って。

>>Yayaさん

寺田さん、ホント最高ですよね!(笑)ひそかに注目してますw

> あたしももう1回くらい見るつもりでいたんですがのっぴきならぬ理由がお隣でありましてw
ですよねwwびっくりしました!これは仕方がなかったですよね、お隣に行かないわけに行きませんよ!

たしかに壁抜けも、自由劇場でギュッと濃縮する感じでやるの、合うんじゃないかな~って思います。空席もったいない~とってもおもしろいのに!
Secret

プロフィール

Author:みやこ
関東在住の社会人。

ミュージカル大好き。
アマオケでチェロ弾いてます。

カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。