FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Die Fledermaus 2011.09.12 at Volksoper Wien

今年中に、今年見に行った舞台や聞きに行ったコンサートの記事はアップしたい…!(年末に総括するから・笑)
ということで。

夏休みに行ったウィーンで、オペレッタを見てきました!(実は本当はStaatsoperでオペラを見たかったのだけれど、見られる日程ではあんまり良い席が残ってなかったので…)
フォルクスオーパーではオペレッタやミュージカルなど、国立オペラ座(Staatsoper)よりも気軽に楽しめるような演目を上演しているみたい?

今回見てきたのはヨハン・シュトラウス2世作曲の「こうもり」なんですが…なんと、最前列ど真ん中!で見てきました!

友人と二人での旅行だったのですが、チケット予約の際、ぽっかりセンター最前列に空いている2つの空席に「え、どうしてここ空いてるの?最前センターだよ!?実は見にくいとか!?」と友人共々一瞬躊躇したのですが(笑)、「最前列センターで見られるなんてめったにないよね!(しかも本場である!)」ということで、その席をポチッとな。

実際行ってみましたら、本当に舞台に近かった!というか、オケピが!着席してても、指揮者の方の頭に触れるんじゃないかっていうくらいの近さなんです。四季劇場で言うと(笑)、前列の背もたれがオケピの壁という感じでした。
フォルクスオーパー外観↓
Volksoper

チケットは窓口で受け取りだったので、まずチケットを受け取りました。
「こうもり」チケット、チケット封筒
開場したのは開演の30分前くらいだったかな?
中でプログラムを購入しました!プログラムには、幕ごとのあらすじが日本語でも載っていました。

「こうもり」チケット封筒、キャスト表、プログラム

キャストは…打ち込むのが大変なので、キャスト表をカメラで撮ったものを…^^;
「こうもり」キャスト表


さて、観劇感想ですが(ちょこっとだけ)
まず、オケ!本場のウィンナーワルツ!あの、タメの感じとか、もう、さすが…0.!って思いました。
というか本当に近くて…!プロの演奏をこんなに間近で見る・聞くことができるなんて…!と感動。

「こうもり」ですが、プログラムであらすじをさらいましたし、舞台上方に英語で簡単な場面説明が表示されるので、何を言っているのかわからなくてもだいたいの内容はわかるのですが、笑いを取るシーンで笑えない!
やっぱり、マイムでおもしろいところは見たままなので笑えるんですが、セリフのおもしろさで笑わせるところはわからなくて…そこがちょっと残念でした。。
でも、歌は迫力ありました!


あとですね、本編とはぜんぜん関係ないんですが、オケの人が、演奏してない時は普通に舞台を見てるんですよ(笑)
チェロはおじさん3人(こらw)と女性1人だったのですが、オケの中でも特にこのチェロのおじさん3人が、思いっきり舞台の方に振り返って観劇してましてね、しかもおもしろいシーンでちょっと笑ってるんですよね(笑)なんかもうそれがおもしろかったです(笑)って相変わらずどこ見てるんだ私はww

コメント

Secret

プロフィール

Author:みやこ
関東在住の社会人。

ミュージカル大好き。
アマオケでチェロ弾いてます。

カテゴリー
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。