スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団四季ソング&ダンス The Spirit <第二幕> 2011.10.16

第二幕です!

…が、びっくりするほど忘れてました…。
<第二幕>
「さくらの花よ 泣きなさい」
三木たかしさんの歌うこの歌…舞台上方に、三木たかしさんの写真も映し出され。
井上さんと萩原さんと(あと確かもうお一方…忘れましたすみません!)が三木さんについてちょっとご紹介したり…。
初めて聞いた三木さんの歌声は、とても味のあるステキなお声でした^^


「タイトル・口上」:『ジャックと豆の木』より (阿久津)
ノートルダムのクロパン(@55ステップス)みたいな感じの衣装と雰囲気の阿久津さん登場。
ホント、阿久津さんはこういううさんくさいエンターテイナーみたいなのがすごく似合う(笑)

元の曲を知らないのでわからないのですが、伴奏に合わせて時々節をつけてしゃべる、みたいな感じでした。


えーと確か、この後、萩原さん、玉井さん、西尾さんがちょっとタップダンス!
雰囲気的にはあれです、55ステップスのカテコの「アイ・ガット・リズム」みたいな感じの、ちょっと小芝居が混じるやつでした(笑)
そこへ李さんが上手から登場、李さんもちょこっとタップダンスに混じって…流れるように次のナンバーへ!


「煉獄のおいらたち―暴走族―」:『夢から醒めた夢』より (李)
李さんが、けっこうダンスしてた!…と思います。(わーもういろいろ覚えてない~


「煉獄のおいらたち―ヤクザ―」:『夢から醒めた夢』より (飯田)
ふすまが登場(笑)そして半丁賭博開催w壺振りはカトクミさんです~超似合う!!(褒めてます!)
飯田さんは、わりと普通っぽい格好に、肌色のおやじ腹巻をしています(笑)ズボンの色も肌色?で、最初、股引かと思いました(笑)

参加者が皆半に賭けていく中、カトクミ壺振りさんの「丁はいませんか!?」という言葉(うろ覚え)に、飛び入り参加(駆けつけ参加)した飯田さん、「丁!」と威勢良く言い放ちます。
おお!男らしい!
…と思ったのはここまでで、結果が半だった瞬間、掛け金を取られそうになりその場を荒らしていきなり逃げ出す飯田さん。
ちょ、こら!!(笑)
さっきまでの威勢はどうした!なんて小さい奴…男らしさのかけらもない…(-"-;) (苦笑)

ここでちょっと殺陣シーン。
そして、逃げる飯田さん、追うヤクザ。
ついに追いつかれ、「リンチだ!!」とばかりに殴る蹴る…ひぃぃバイオレンス!いいんですかこんな!
そこへ、カトクミ姐さん登場!和傘で応戦…かっこいい…強い!飯田さん立場なし!(笑)
カトクミ姐さんと飯田さん、二人で手を取って逃げようとしたり…どういう設定…??


「夜桜お七」 (青山)
青山さん、着物姿で登場。特に凝った演出はなく(こら!)、普通に歌っていましたが…似合ってた!


「曙光」
和太鼓!かっこいい~
腹にどんどん響くあの音…和太鼓の音を聞くと、血湧き肉踊る感じがするのは、やはり日本人だからでしょうか。
西尾さんは、セットの上で一番大きな太鼓(本物の和太鼓じゃなくて、叩く皮の部分だけのもの)を叩いていました…さすが!

あと、三味線があったのもここだったかな?
舞台中央奥で、女性ダンサー、李さん、女性ダンサーの3人が、舞台手前には、下手に飯田さん、上手に斎藤さん。
袴姿です、袴!(落ち着け)
飯田さんの手つきが上手かったと思いました!


「引き裂かれた心」:『ミュージカル 異国の丘』より (真)


「花の時・愛の時」(?)


「香蘭と杉本の別れ」:『ミュージカル 李香蘭』より (阿久津、井上)

このへんちょっと記憶ないです…わりと普通に歌っていたような…?


「アンパンのマーチ」 (井上、真、青山)
原曲のテンポを少し落とし、ちょっとしっとりと大人っぽく?アレンジした感じでした。

私、昔から思っていたんですけど、アンパンマンのマーチの歌詞って、切ないんですよね…!
「♪愛と勇気だけが友達さ」ですよ!?(そこ!?)
他にも、しっかりと聞いてみると、意味深というか良いこと言ってるんですよね(なんて偉そうな…!すみません><)
そうか、これ、三木さんの作曲だったんだ…知らなかった!


「おれたちゃペドロ一家」:『ユタと不思議な仲間達』より (阿久津、井上、飯田、青山、種井)
これ、すごく大好きな曲なんです!(笑)
一人ひとり自己紹介していくわけだけど、曲調がそれぞれ違くて、その上すごく個性が出てる!1曲で何粒も美味しい感じ♪すごいよな~^^

といいますか、この曲。
まさかの種井ヒノデロ!(笑)
「♪一番太いの、よろしくねv」って、種井さん!(笑)

いえね、途中で「阿久津ペドロに飯田ゴンゾ…ってことは!?」って気づいたんですが、その瞬間からもうおかしくってニヤニヤが止まらなくて困りました(笑)
青山モンゼとか「ほんものきたー!」と思って大興奮でした(サークル・~に続き二度目w)ボテくらいの大きさの箱から登場したのにはびっくり&笑いましたw


「ふり向くな君は美しい」
なでしこ!(サッカー)
これ、もともと高校サッカーのために作られた曲なんですね!(今調べました)
ということで、そのコンセプトを活かした感じの演出でした。男性のサポート(リフト)によるオーバーヘッドキックとかミラクルプレーも飛び出し…楽しかった~(笑)


「明日は近づく」:『ジョン万次郎の夢』より
ジョン万は見たことがないこともあり、歌すらも覚えていません…。。


「我が家へ」:『オズの魔法使い』より (真)
これ、SOMみたいに、ALWがティム・ライスと組んでリメイク?したミュージカルからのナンバーなんですね!
メロディーがキレイでした~^^


「心の瞳」 (全員)
それぞれがいろいろな衣装で、立っていたり座っていたり、二人でペアになって寄り添ってみたり…という感じで全員で合唱。
これ、いい曲ですね…!感動しました


<カーテンコール>
「若き獅子たち」


「時の流れに身をまかせ」


「津軽海峡・冬景色」


「タイトル・口上」:「ジャックと豆の木」より (阿久津・全員)
再び、うさんくさい阿久津さん(こら!)登場。



なんだかもう…備忘録にすらなってないくらい覚えてないですね…すみません
なにせ、二幕は曲自体に馴染みのないものばかりで…ミュージカルソング(しかも、見たことのある演目のナンバーならなおさら)だったら、「こんな演出だったような…」ってなんとなく思い出せたりするものもあるんですけど、そうじゃない曲は…
もちろん、見ていて「あ、聞いたことある!」って思った曲もありましたけれど、(記事を書くにあたって)曲名を見ても思い出せなかったり、ネットで探して聞いてみても「あ~、聞いたような…」とか。。まぁ記憶力の問題ともいいますが。。
そんなわけで、見ていて「おぉ~!」と思ったり、「いい曲だなぁ」って思ったりはしていたはずなんですが…多すぎて覚え切れなかった!(開き直り)


これ、1回見ただけじゃとても見きれないです…!
覚えているのはとにかく萩原さんばっかり見てた(すごくすごくかっこよかった)ってことだなぁ(笑)
あと、ソンダンの井上さんをまた見られて嬉しかった!井上さんも好きです~^^
もう手持ちチケないんですが、「この人が!?」っていうキャストの登場があったら行きたいなぁ!

コメント

Secret

プロフィール

Author:みやこ
関東在住の社会人。

ミュージカル大好き。
アマオケでチェロ弾いてます。

カテゴリー
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。