スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年を観劇で振り返る&大晦日のご挨拶

今年も一年を観劇で振り返ってみます!
でも、今年はだいぶ回数が減りました。というか減らしました、チェロの練習のために。
来年もそうなると思いますが、やっぱり観劇も大好きなので、ちょこちょこ見ていきたいな~と思っています。

そんなわけで、主に観劇メモブログとして使っているブログなので、記事のアップもかなり減ったかなと思います。後半はキャストチェックも書いたり書かなかったりでしたし…。
他に比較的書いていた記事としてはチェロの個人練メモ…ほぼ完全に私のメモ帳みたいなもので、読んでもよくわからない&おもしろくなかったと思いますが(汗)

…とこんなブログでしたが、それでも見に来てくださった方、拍手やコメントを下さった方がいらっしゃって、とても嬉しかったです!
相変わらず隅っこの方でひっそりやっているブログですが、たまにでも少しでも、楽しんでいただけたりしたならば幸いです。
ありがとうございました!

それでは、良いお年をお迎えください♪
(喪中につき、新年のご挨拶は控えさせていただきます)
スポンサーサイト

続きを読む

Prague String Orchestra at ST. NICHOLAS CHURCH 2011.09.16

この日は、チェコは人形劇が有名だと聞いていたので当日券で人形劇を見ようかと計画していたのですが、日中観光で訪れた聖ミクラーシュ教会(プラハには聖ミクラーシュ教会が二箇所ありますが、旧市街の方の教会)で夜に弦楽のコンサートがあると知り、「教会でコンサートっていうのも日本じゃなかなかないよね!」ということで、チケットを購入。

旧市街の方の聖ミクラーシュ教会は、こじんまりとした大きさの教会です。
聖ミクラーシュ教会(旧市街)内部       聖ミクラーシュ教会(旧市街)内部-2
右の写真、手前の扉?を開放して、赤いじゅうたん部分に演奏者が座っていました。ソリストはオケの少し手前で演奏でした。

プログラムは…
ヴィヴァルディ:「四季」より秋
ヴィヴァルディ:オーボエ協奏曲イ短調
バッハ:バイオリンとオーボエのための協奏曲ニ長調
モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク
ドヴォルザーク:交響曲第九番「新世界より」よりラルゴ
ミラー:ムーンライト・セレナーデ
聖ミクラーシュ教会コンサートプログラム

ラルゴはオーボエソロかと思ったら弦楽でした。ムーンライト・セレナーデはジャズのスタンダードナンバーだそうで。CMとかで聞いたことある! 
アイネクは…ウィーンで聞いたのと違う…!というのが一番の印象です。日本人は器用貧乏というか、「日本人の演奏」という明確なカラーがないとよく言われる?と聞いたことがあります。それがある意味日本人のカラーといえるのかもしれませんが…
でも、海外のオケや演奏者はけっこう民族カラーがあるというか、ウィーンならばウィンナー気質とでも言うのでしょうか、ウィーンで生まれ育って自然に身についたようなリズム感とかがあるんですよね。ウィンナーワルツとか演奏すると顕著に出ると思います。
この日、プラハで聞いたアイネクはドイツっぽいというか、けっこうかっちりした感じ。ウィーンで聞いたアイネクとはぜんぜん違ったんですよね。
国のカラーというか民族のカラーの違いを、こんなにはっきり感じたのは初めてかも…それがすごくおもしろかった

パリでパイプオルガンの演奏を聞いたときも思ったのですが、教会って、音がすごく反響しますね!残響がステキでした~♪

Symfonický orchestr hl. m. Prahy FOK 2011.09.15

プラハ交響楽団(Symfonický orchestr hl. m. Prahy FOK)のコンサートを聞きに行ってきました!
のだめの映画の撮影で使われたというスメタナホールでのコンサートです。
さすが撮影に使われただけある…!という、豪華ですばらしいホールでした…!

スメタナホール外観        スメタナホール内

プログラムは…
ウェーバー:ファゴット協奏曲ヘ長調 Op.75
ストラヴィンスキー:火の鳥
ベートーヴェン:第2番 ニ長調 op.36


バスーンコンツェルト、どんな曲だろう…(けっこう疲れてるし、寝ちゃうかも…)なんて思っていたのですが(汗)、これが意外に(こら)とても良かったです~!ファゴットの音って、どこか間が抜けているというか(褒めてます!)、和みます^^早いパッセージも多くてすごかった…!
ファゴットを演奏する時、キー装置の操作で鳴るカタカタという音が好きなのですが(我ながらなんというマニアックさw)、奮発して前方席を取ったのでよく聞こえてきて楽しかったです(笑)

ストラヴィンスキーの火の鳥は…途中、すごくわけがわからないというかやかましいですよね(昔、川原泉さんの漫画で「ストラヴィンスキーっちゅう人の音楽はやかましい」みたいなセリフがあって笑ったw)…って、なんかすごく失礼なことを言っていますが(すすすすみません…!)、不協和音というか、聞いていても「うわ~( ̄□ ̄;(正しい音なのかどうか…わけわからん!)」って思うんですが、演奏していてもそうなりそうというか…非常に難しいんじゃないかなと思うのです。
でも、すごくパワーがあるというか迫力があって、音の波が押し寄せてくるように感じました…すごかったです!


豪華絢爛ですばらしい音響のホールでのコンサート、至福の時間でした…

Wiener Mozartorchester 2011.09.14 at Gesellschaft der Musikfreunde in Wien

ニューイヤーコンサートでで有名なウィーンの楽友協会(Gesellschaft der Musikfreunde in Wien)で、ウィーンフィルのシーズンでない時には主に観光客向けにコンサートを行っているみたいです。
そのコンサートを聞きに行ってきました!

演奏者はみんな中世ヨーロッパの貴族の衣装とカツラで演奏するんです(笑)のだめみたいww
プログラムは買わなかったので曲は覚えてないのですが(汗)オーケストラの名の通り、モーツァルトの曲が中心だったと思います。アイネクなど有名曲も多かったですね。
ソプラノとテノール?のソリストの方が一人ずついて、モーツァルトのオペラの歌を歌ったり…というプログラムもありました。
アンコールでは、ニューイヤーコンサートでおなじみのラデツキーをw


夜の楽友協会外観↓
楽友協会

大ホール(Großer Saal)。おお~テレビで見たことある!(ニューイヤーコンサート)ここかぁ~(感動)
大ホール(Groszlig;er Saal)

演奏者入場中↓
Wiener Mozartorchester
観光客向けだからか大丈夫そうだったので私も写真を…ていうか皆さんフラッシュたきまくり…せめて演奏中は…まぶしいしさ!フラッシュがさ!

うーん、ここもステキなホールでした♪大ホールと言えども結構小さなホールだったけれど、音響も良かったです。
今度はここでウィーンフィルの演奏を聞きたいなぁ~(チケット取れないだろうけど^^;)

オペラ座の怪人 2011.12.24 M

【キャスト】
オペラ座の怪人:高井 治        クリスティーヌ・ダーエ:苫田亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵:鈴木涼太    カルロッタ・ジュディチェルリ:種子島美樹
メグ・ジリー:西田ゆりあ         マダム・ジリー:横山幸江
ムッシュー・アンドレ:増田守人      ムッシュー・フィルマン:平良交一
ウバルド・ピアンジ:半場俊一郎     ムッシュー・レイエ:田代隆秀
ムッシュー・ルフェーブル:深見正博    ジョセフ・ブケー:佐藤圭一

<男性アンサンブル>
瀧山久志 天野陽一 (田代隆秀) (深見正博) 野村数幾 伊藤礼史
井上隆司 田中元気 見付祐一

<女性アンサンブル>
吉川瑞恵 高瀬 悠 英 陽奏 吉田絢香 村瀬歩美 寺嶋あゆみ
脇坂美帆 野田彩恵子 古屋敷レナ 石野寛子 暁 爽子 白澤友理


クリスマスカーテンコールありますように!と思って取っていたチケット。カテコあってよかったです

ものすごく箇条書きな感想を…。少しだけ。。

続きを読む

☆キャストチェック☆ 12/19更新

【オペラ座の怪人】
ラウル・シャニュイ子爵:鈴木涼太

わーい!涼太さんラウルだ~
今週行きます!どんなクリスマスカテコかな~楽しみです♪


【ソング&ダンス】
コーラスパート:神永東吾→鈴木伶央

伶央くん!(お!と思ったので表記)


スンラさんは、先週途中でタガーダブルになって、今週は抜けですね。ゆっくりクリスマスを過ごせるのでしょうか^^

Die Fledermaus 2011.09.12 at Volksoper Wien

今年中に、今年見に行った舞台や聞きに行ったコンサートの記事はアップしたい…!(年末に総括するから・笑)
ということで。

夏休みに行ったウィーンで、オペレッタを見てきました!(実は本当はStaatsoperでオペラを見たかったのだけれど、見られる日程ではあんまり良い席が残ってなかったので…)
フォルクスオーパーではオペレッタやミュージカルなど、国立オペラ座(Staatsoper)よりも気軽に楽しめるような演目を上演しているみたい?

今回見てきたのはヨハン・シュトラウス2世作曲の「こうもり」なんですが…なんと、最前列ど真ん中!で見てきました!

友人と二人での旅行だったのですが、チケット予約の際、ぽっかりセンター最前列に空いている2つの空席に「え、どうしてここ空いてるの?最前センターだよ!?実は見にくいとか!?」と友人共々一瞬躊躇したのですが(笑)、「最前列センターで見られるなんてめったにないよね!(しかも本場である!)」ということで、その席をポチッとな。

実際行ってみましたら、本当に舞台に近かった!というか、オケピが!着席してても、指揮者の方の頭に触れるんじゃないかっていうくらいの近さなんです。四季劇場で言うと(笑)、前列の背もたれがオケピの壁という感じでした。

続きを読む

☆キャストチェック☆ 12/12更新

昨日の本番疲れが抜けません~^^;ということでさっさと帰宅(笑)
やっぱり、本番とか試合というのは気を張っているため、終わるとドッと疲れがくるものですね。


キャス変、気になったところだけ…

【オペラ座の怪人】
オペラ座の怪人:高井 治 
クリスティーヌ・ダーエ:苫田亜沙子 
ウバルド・ピアンジ:半場俊一郎

村ファントムはピンポイント登板でしたね~。来週も高井さんだといいな!


【CATS】
カッサンドラ:蒼井 蘭

スンラさん、先週からタガーだったらしいですね!?昨日友人から聞いてびっくりした^^;

終わりました~!

本日、演奏会が終わりました!
たくさんのお客様に聞きに来ていただけてとても嬉しかったです

帰宅してますが…今、クッタクタです!^^;
つ、疲れた~

続きを読む

オペラ座の怪人 25周年記念公演 inロンドン のDVD

アマゾンで、予約が開始されました!
オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [DVD]オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [DVD]
(2012/01/25)
ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス 他

商品詳細を見る


あ、ブルーレイもあるんですね!

思ったより高くない!
私は早速予約しちゃいました

本棚決めた!注文もした!

ここ2ヶ月くらい悩んでいた本棚(実は10月くらいから悩んでいた^^;)、やっと決めました!
大まかな計算で370冊くらい収納できる予定です^^

220冊くらい入る本棚を一本処分するので、約150冊の収納力アップ!
その上、この処分しようと思った本棚、焼け防止のカーテン(自作)をかけていて、しかもほとんど読み返さない(でも処分したらもう手に入らなそうな本なので残してある)本を収納してあったので忘れてたんですが(オイ)、棚板がたわむを通り越して割れている(!)ため、実際の容量よりだいぶ少なく収納していたのでした。
なので、この本棚には100冊くらいしか入れていなかったので、200冊くらい収納力がアップすることに!

これで、現時点で入りきっていない本を収納しても、100冊以上余裕がある~♪

…とか言っていても、これ、またすぐに足りなくなっちゃうんだろうなぁ…^^;
一時期に比べたらコンスタントに買うペースは落ちたけれど、はまって作家買いしちゃうと10冊とか20冊とか一気に増えるから…

そうしたら、またしばらくは「増えた分処分する」で乗り切っていこう。

届くのは再来週。組み立て式なので、頑張って組み立てるぞ!

☆キャストチェック☆ 12/5更新

一言キャストチェック。

スンラさん、スカー抜けたー!連登お疲れ様でした!
次はCATSでしょうか、それとも、しばらくしてまたスカー?

最近は演奏会も近いしぜんぜん見に行く隙がないので、キャストチェックしても…というかむしろ見ない方が…(←見に行きたくなってしまったりする)なときもあるんですが(笑)、毎週月曜日はやっぱりちょっとドキドキです!

「オペラ座の怪人」25周年記念公演inロンドン

見てきました~!
開演前や休憩中の劇場内の様子も少しだけ収録してあったりしておもしろかったです。
ていうか、なんてすごい劇場なの…!!と思いました。パリとかウィーンとかでも思いましたが、海外のホールとか劇場って、内装も本当にすばらしいですね…!!

続きを読む

プロフィール

Author:みやこ
関東在住の社会人。

ミュージカル大好き。
アマオケでチェロ弾いてます。

カテゴリー
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。